銀行がテレビCMを行うカードローン。危険と言われる理由とは?

クレジットカード現金化だけじゃない!手を出すと危険なもののまとめ【人生崩壊】

MENU

カードローン

カードローンは2010年の改正貸金業法完全施行してから、銀行が積極的にテレビCMを行うなどして人気になった資金調達法です。
仕組みはクレジットカードのキャッシング機能を独立した借入専用カードによって提供するサービスです。
昨今は銀行のキャッシュカードとセットにしたものや、カードレスでオンライン手続きできるものなども登場して、限度額の範囲内で自由に借入と返済をできるサービスの総称になっています。

 

 

カードローンが危険な理由

カードローンの危険を示すイメージ

 

カードローンは基本的にリボ払いの返済になります。
クレジットカードのショッピング機能でおなじみの方式で、借入残高に応じて毎月1万円など返済額を固定される元利均等方式が主流です。
元利均等方式は利息と元本の返済額を一定にするもので、月々1万円の返済額でも借入残高に応じて利息の占める割合が変わってきます。

 

例えば金利18%で月々1万円のリボ払いだった場合、残高10万円だと月々の利息は約1,500円です。
同じ条件でも残高40万円になると利息が約6,000円になるので1万円を返済しても元本は半分以下の4千円しか減りません。
月々の支払い負担が少ないからといって、借入を繰り返していくと莫大な利息を負担することになります。

 

また、残高がある状態で追加借入をしても返済額が変わらないため、借金地獄に陥るキッカケになりやすいです。
クレジットカードのキャッシング機能は、あくまでもオマケの役割で限度額は20~40万円程度に設定されていることが多いです。
カードローンは借入に特化した商品のため、最高数百万円の高額な限度額に対応しています。

 

 

約定額(最低返済額)の少ないカードローンが多い

約定額(最低返済額)はカードローンによって変わってきます。
クレジットカードのキャッシング機能は月々1万円~の設定が主流ですが、カードローンは月々の負担を少なくする目的で、少額返済に対応している所が多いです。
楽天銀行カードローンの場合、最低返済額は残高10万円以下2,000円、50万円以下4,913円、100万円以下8,123円です。(希望返済日によって変動)

 

月々の支払い額が少なくなると、借入残高が少なくても返済額に対して利息の占める割合が高くなって、完済まで時間がかかってしまいます。
借入残高が少なくなってくると、自動的に約定額も切り替わる方式なので、繰り上げ返済を利用しないと、なかなか借金を完済することができません。

 

カードローンは繰り上げ返済をしないと高額な利息を取られるサービスです。
自己管理能力がある人が早期返済を前提に活用するのはオススメですが、利息の計算や元本の減るペースを確認せずに借入を繰り返すと、取り返しのつかない事態になってしまいます。

 

 

高額な限度額が社会問題になった

カードローンの普及した要因は、改正貸金業法による総量規制の影響で、消費者金融からの借入が年収3分の1以内に制限されたことも関係しています。
銀行系カードローンは総量規制の影響を受けないため、年収3分の1を超える高額な限度額設定が可能です。

 

高額な限度額を希望すると厳しい審査を行われますが、競争激化によって緩い審査で高額な限度額設定を認める事例が相次いで、借金を膨らませて債務整理をする人が急増しました。
高額な限度額設定の審査を通過しても、最終的には自己管理をして収入に見合った利用と返済計画を立てないとどこかでパンクしてしまいます。