クレジットカードの現金化には二種類あり、どちらも利用者は損をするしかないものです。

クレジットカード現金化だけじゃない!手を出すと危険なもののまとめ【人生崩壊】

MENU

クレジットカード現金化

最初にはっきりと書いておきますが、クレジットカードの現金化やショッピング枠の現金化という名称で呼ばれている行為はほぼ違法行為です。

 

それがなぜ現在でも完全な取り締まりが行われていないのかというと、特定の商品を高額で買わせてそのキャッシュバックとして現金を手渡す「キャッシュバック型」取引は裁判において違法判決が出されましたが、高額な商品を買わせてそれをその場で売るという形で現金を手渡す「商品買取り型」は違法判決が出されておらず、法的には限りなく違法に近いけれど取り締まりをする根拠が無いため取り締まられていないだけです。

 

クレジットカード現金化とは

簡単に言ってしまえばクレジットカードのショッピング枠を使って現金を手に入れる為に行う行為の総称です。

 

仕組みとしては上にも書いたように二通りの方法があり、

  • 現金化業者が殆ど無価値なCDなどを50万円など高額で販売し、その契約のキャッシュバックとして40万円をおまけに付けるというキャッシュバック方式
  • 業者がブランド物の指輪などを50万円で売り、それを利用者が40万円で同じ業者に転売するという商品買取り方式

があります。

クレジットカード

 

消費者金融よりもマシだと思っている人もいますが、どちらにしても最終的には50万円の支払い請求がカード会社から来るので利用者は損しかしませんし、融資契約として見ると年利100%超えの暴利契約となっているので、これを利用する位ならば同じカード会社が行っているキャッシングサービスなどを利用した方が完全に得です。

 

またこれはヤクザや暴力団などの反社会的勢力へのつながりがあると指摘されており、商品を渡したのに入金がなされなかったり最初の説明とは違う金額しか支払わないというトラブル他に契約書類やクレジットカード情報の悪用などの被害も出ています。

 

クレジットカード現金化を行う業者では「公安委員会の許可を受けている」や「景品表示法を守っている」など消費者に対して合法な取引と勘違いさせる表記も多いのですが現金化を利用した利用者にも刑事責任が起こる危険性もあるので、絶対に手を出してはいけません。