闇金は基本的に「違法な金利」と「違法な取り立て」を行う業者です。

クレジットカード現金化だけじゃない!手を出すと危険なもののまとめ【人生崩壊】

MENU

闇金

闇金という名前をよく聞くことは有ってもそれがどういった物かと知らない人の方が多いのではないでしょうか。

 

闇金と一口に言っても、正式に貸金業の資格をとりつつ裏では闇金を営んでいるなどという業者もあれば貸金業の資格を得ずに行う定義通りの闇金というのも存在します。

 

それでは闇金が普通の金融業者と何が違うのかというと
「違法な金利」「違法な取り立て方法」
の二つです。

 

闇金は雑誌の街頭チラシや雑誌の広告、最近ではインターネットなどを活用して客を募り一般的な貸金業者よりも緩い審査をうたい文句に客をあつめます。
無論それは嘘であり、手数料や審査の結果など様々な理由をつけて満額貸し出す事を渋り、その一方で金利は違法に高いという違法な契約を結ばされるのです。

 

また実際に一社目で貸してくれるのであればまだいい方で、「うちでは満額審査が通らないけれど貸してくれそうな会社を紹介する」などと言って手数料だけ取って他の闇金に回したり契約外のお金を一方的に口座に振り込んで金利も含めた支払いを請求する「押し貸し」とよばれる行為をやるなど、詐欺や犯罪に近い手口でなるべくお金を貸さずに利益だけを取ろうという業者が多く存在するという問題もあります。

 

もう一つの問題点としてあげる事ができる「違法な取り立ても」も同様に脱法的であったり完全に犯罪行為という手口が多く様々な被害が訴えられています。
借りた人間を対象とした嫌がらせや脅迫などは当たり前で、これ以上回収できないとみると契約の際に口実を設けて提出させている家族や親戚、職場などへの嫌がらせなども行い利用者の周辺を社会的に追い詰めてでも違法な金利の支払いを行わせようとします。

 

このように完全な犯罪行為で有る闇金は警察などが厳しく取り締まりに動いているのですが、完全に封じる事が出来ていないというのが実情です。

 

こういった闇金は利用をするだけで確実に破滅に向かう事になるので、絶対に利用はしない事が大事ですし、もし万が一利用してしまったら弁護士や警察などの関連機関に相談するようにしましょう。