運よく治っても、フラッシュバックを起こすなど回復後の人生にも暗い影をもたらします。

クレジットカード現金化だけじゃない!手を出すと危険なもののまとめ【人生崩壊】

MENU

麻薬・危険ドラッグ

麻薬や危険ドラッグを始める人の理由の多くは

  • 「友人に勧められたから」
  • 「興味が有ったから」

という軽い気持ちから初めてしまう人が多いのですが、その結果辞める事が出来なくなり人生において取り返しのつかない問題をおこし、精神病院への強制入院など家族や親戚になどに多大な迷惑をかけてしまう事になります。

 

また麻薬と一言で言っても様々な物が有るのですが、そう言った物は直接脳内の物質を過剰に分泌させる事によって快楽などを得るという物が多く、依存症と言ってもギャンブル依存症やタバコなどとは全く違う性質の物なのですがそれを軽く認識して「自分ならいつでもやめられる」と思い込んで始めてしまう人も多くいます。

 

薬物依存症の原因というのは、脳内への働きかけによる一時的な快楽のあとに、薬物が切れた為に起こる離脱症状が原因となっているのですが、タバコのニコチンやパチンコ競馬のようなギャンブルによる脳内物質と比べ物にならないほど強烈な離脱症状であり、それに個人で抗う事が出来る人は滅多にいません。

 

そしてその離脱症状を防ぐために麻薬や危険ドラッグを使ってしまうのですが、薬を使い続けていると耐性が付くので徐々に効かなくなっていってしまいます。

 

一方で乱用による離脱症状は止まることがなく、
その結果、より強力な麻薬や大量の薬物を乱用する事になってしまうのです。

 

また薬物乱用と共に発生する幻覚や幻聴により重大事件を起こしたり、家族を敵対者だと思い込んで襲うなどの事例も多く発生しています。

 

こういった薬物依存症患者は専門機関での治療を受けても100%回復するわけではなく、治らない為に一生精神病院での入院処置が取られ苦しみ続けるという人も珍しくありません。

 

運よく治ったとしても、一度快楽を覚えてしまった脳は薬物を渇望しフラッシュバックと呼ばれる幻覚をを起こすなど回復後の人生にも暗い影をもたらす事になります。

 

このように薬物の使用は人生を崩壊させる結果にしかならないので絶対に使用しないようにしてください。