手元の資産に十分な余裕がない限りは、不動産投資に手を出さないほうが良いでしょう。

クレジットカード現金化だけじゃない!手を出すと危険なもののまとめ【人生崩壊】

MENU

不動産投資のリスク

 

サラリーマンが給料のほかに毎月安定した家賃収入を得られるため、不動産投資への関心が高い方が多く存在します。
しかし、不動産投資は、他の資産運用と比べて投資額も大きいため、リスクを良く考えなくてはいけません。

 

不動産投資をする前に

不動産投資をする為にはある程度ローンを組んで物件を購入することになります。
また、家賃収入が無ければローンを払い続けだけの負の財産になってしまいます。

 

また、不動産投資物件を購入した際には、物件価格以外にも、不動産仲介会社に支払う「仲介手数料」、国に収めるべき「税金」、手続き等で司法書士に支払う「報酬」、ローンを組む際に銀行に支払う「手数料」、「火災保険」「地震保険」などの保険料等があります。これら全部あわせると、大体物件本体価格の8%~10%となります。

 

うまく入居者が決まり、家賃収入が出来たとしても、税金や管理費や修繕費や保険などの諸経費のほかに、ローンの返済金もあります。
全てを差し引いた上でいくら自分の手元に残るのかよく計算しなくてはいけません。

 

また、資産価値の下落などのリスクも考えなくてはいけません。
不動産投資物件を売却しようとしたら、購入時の価格を大きく下回ることも考えられます。ローンの権利上昇などで毎月の支払い額が上がることも考えられます。

 

何より、必ず入居者が現れるとも限りませんし、1棟購入した際に、全ての部屋に入居者が決まるとも限りません。
入居者のほうで事故や突然死や事件や家賃滞納など、何か問題が起こる可能性もあります。
入居審査を厳しくすると、入居者側のリスクが軽減されても、入居者が決まりずらくなるリスクが生じます。

 

不動産投資にはこのように様々なリスクが考えられる投資です。
手元の資産に十分な余裕がない限りは、不動産投資に手を出さないほうがよいでしょう。