公営競馬と言っても、一歩間違えれば人生を崩壊させかねないギャンブルであると言えます。

クレジットカード現金化だけじゃない!手を出すと危険なもののまとめ【人生崩壊】

MENU

競馬

ボートレースなどいくつかある公営賭博の中でもっとも人気が高いのが競馬です。

 

利用者が多い分、専門誌や競馬新聞なども複数発行されており、インターネットからも購入できるようになるなど利便性が高くなっているのですが、その一方で依存症によって人生を崩壊させてしまう人も数多くいる事を忘れてはいけません。

 

 

 

競馬の特徴としては当たった場合の配当が良いという事が上げられます。

事実百円が一万円に代わる万馬券と呼ばれる物もたまに起こります。
そう言った事例を見聞きし、場合によっては実際に体験した結果本人の金銭感覚が狂っていき借金をしても当たれば返済できると考えてしまうようになります。

 

また、同時に馬券を買うという行動だけで稼げるという思い込みにより勤労意欲の喪失という問題も引き起こす事になります。

 

こういった依存症を対策もなしに続けていくと、最終的にお金を見ると競馬を想像したり周りのお金を盗んで競馬を行うという事を始めるようになります。

 

ここまで来ると依存症としては最終段階に近く、精神病院での治療をおこなう事になり、通院で治療が出来なくなるとギャンブル依存症患者として入院処置が取られることになります。

 

また金銭的な面での問題も同時に引き起こしやすいです。

金銭感覚の崩壊と「当たれば返せる」という思い込みからお金をつぎ込むようになると経済的には直ぐに行き詰ってしまいます。

 

そこで大体の人は競馬をやめるなり次の給料日まで我慢するという事が出来るのですが、依存症となってしまっている人の場合「我慢をする」という事が出来ません

 

なので、金銭的に行き詰ってしまうとサラ金やカードローンなどに手を出したり、親族などからお金を盗むようになります。

 

その結果ギャンブルに限らず依存症の患者の治療には「周りの人間の協力」が必須なのですが、こういった事情により親族も見放してしまう事が多く悪化しやすい傾向にあります。

 

このよう公営競馬と言っても一歩間違えれば人生を崩壊させかねないギャンブルである事を良く知るようにしょう。

 

パチンコ・スロットにも同じような依存性があるので気をつけましょう。