日本のギャンブル依存症の患者のほとんどがパチスロが原因であることが分かっています。

クレジットカード現金化だけじゃない!手を出すと危険なもののまとめ【人生崩壊】

MENU

パチンコ・スロット

パチスロにはゲーム性というのが殆どない一方で射幸心をあおる演出を多用する事で
依存症を生みやすいギャンブルであると言えます。

 

事実日本におけるギャンブル依存症の患者のほとんどがパチスロが原因であるという事が判っており、国や警察機関がパチンコ業界への締め付けや取り締まりを厳しくしているのですが依存症患者が減る事がありません。

 

なぜパチスロが依存症を生んでしまうのかというと、その手軽さが上げられます。

利用者が減った事で年年々店舗数は減っては来ていますが、今でも大きな駅や町に行けば一軒はパチンコ店が存在し入店に年齢規制があるとはいえ諸外国のカジノのように服装規定や事前の登録が必要という訳ではないのでほぼ誰でも入る事が出来ます

 

そしてパチスロは台ごとの設定などは存在しますが基本的にはくじ引きの延長線上にあるゲームであり、深い戦略などは必要ではないので誰でも行う事が出来るのです

 

殆どの場合こういったゲームはすぐに飽きがきてしまうのですが、そこでパチスロは期待を持たせる演出を多用し客の射幸心を煽ります。
そして煽るだけ煽った後にボーナスがあるという展開は他のゲームになく、一度それを体験すると他のゲームにはない快感が脳に刻まれて、もう一度その経験を得たいと思ってしまい、自分の経済状態などを考えることなくまたパチスロに行ってしまうのです。

 

また、このボーナスの経験が金銭感覚も狂わせる事になります。

確立的には非常に低い連続ボーナスの記録が一度刻まれると、勝利の基準がそこになってしまうのです。

 

その為、「もう一回回せば勝てる。勝てば収支がトントンになる」と考えるようになり、経済感覚がどんどん来るって言ってしまい、人生に崩壊をもたらすのです。
最悪の場合パチンコ代が足りなくなって闇金に手を出す人もいます。

 

このようにパチスロは依存症を生みやすいギャンブルなので、絶対に触れてはいけません。
もし触れてしまったとしても、経済感覚が狂いギャンブル依存症になってしまう前に早めに辞める事を推奨します。