リボ払いを利用する際には返済金額以外にも、金利や総借入金を把握しなければいけません。

クレジットカード現金化だけじゃない!手を出すと危険なもののまとめ【人生崩壊】

MENU

リボ払いは借金と変わらない?

 

リボ払いとは、クレジットカードの分割払い方法の1つで、指定した一定の金額を毎月返済していく事です。
分割払いは、1つの事柄に対しローンを組んで支払いますが、リボ払いは全ての総額に対し、決めた定額を支払っていくものです。

 

毎月いくら使っても支払う金額は一定の為、クレジットカードの使用金額が増えていても、その意識が薄れていく危険性があります。
気が付けばクレジットカードの使用限額を越えており、クレジットカードが使用できなくなることもあります。

 

また、リボ払いにすると、月々の返済額に必ず利息が付いてきます。
リボ払いというのは借金であることを良く認識しなくてはいけません。借入金が大きくなれば、利息も増えていき、返済額が少なくなります。
返済してはクレジットカードを使用することの繰り返しで、借金地獄から抜け出せない危険性もあります。

 

また、リボ払いの年利は高いものが多いため、総返済額がかなりの金額になることもあります。
数枚のクレジットカードをリボ払いで使用していると、気が付けばとんでもない金額の借金を背負っていることにもなりかねません。

 

返済できないほどの状態に陥ってしまえば、「債務整理」などになってしまったり、「自己破産」になってしまう事にもなりまねません。
リボ払いを使用する際には返済金額以外にも、金利や総借入金を良く把握した上で利用する必要があります。

 

リボ払いは決して毎月の支払いが楽になるものではないのです。
ある程度の状態で繰り上げ返済を行い、その後はリボ払いを使わなくても良いような経済状況に出来るようにしなくてはいけません。

 

もしくは、月々の返済額を少しでも増やし、早く完済できるようにすると共に、クレジットカードを極力使用しないように心掛けましょう。借入金の総額が減れば、利息も減っていきます。

 

不動産投資のリスク